Return to site

フローハイブの設置場所

Where to locate your Flow Hive

ミツバチを入れる前に重要なのは、巣箱の設置場所です。巣箱は牧草地、庭、屋根など気軽にあちこち移動させることはできません。ミツバチは非常に発達したナビゲーション能力を持っているので、巣箱を移動させてしまうと混乱し、元々の巣があった場所に戻ってしまいます。ミツバチが巣に入った後で巣箱を移動させたい場合については、養蜂関係の本、フォーラムコミュニティ、地域の養蜂協会などにご相談ください。

新しい巣箱の設置場所を選ぶときに考慮すべきポイントは「ミツバチ」「近隣住民」そして「自分自身」です。

巣箱の位置は群れ全体の強さに影響を与えます。保護された環境の場所を選びましょう。寒い地域では乾燥した日当たりのいい場所を探します。暑い地域では少し陰になった場所のほうが巣にとっていいでしょう。特に夏はそうです。巣箱の入口は強い風が吹き込まない方向にしましょう。巣の入口は北半球では南側、南半球では北側にするのが理想的です。巣箱を設置するときに覚えておくべき重要な注意事項についてはAccredited First Aid Safetyパンフレットを必ずお読みください。

その他の注意点

  • ハチは巣から15メートルの距離に排泄物を排泄します。小さなオレンジ色の点のような見た目で、洗濯物や地面、車などを汚す可能性があります。このようなことが起こらない位置に巣箱を設置してください。ミツバチの飛行経路があまり使われていない庭のエリアの上や屋根の上になるよう巣箱を設置するのが望ましいでしょう。

  • 巣箱は安定させて置かなくてはなりません。ミツバチの世話をするときに、グラグラしたりせず、安定した土台の上で作業ができるように設置します。スタンドの上に巣箱を置くことで、土台の木が腐るのを防ぐことができ、作業もしやすくなります (レンガ、コンクリートブロック、スチール製ポストなどでも可)

  • 採蜜時、巣箱は蜜の取り出し口のほうに2.5〜5.0度傾斜していなくてはなりません (約15mmの傾きで十分です)。Flow Hive Classicキットには組み込み式のスロープがついているため、水平な面に置いてあるかぎり、傾斜について心配する必要はありません。

該当しない場合には次の2つの選択肢があります。

1)採蜜時に巣箱を傾けます。傾けることでハチが興奮する場合があるため、防護服を着て燻煙器を持ち、採蜜の数時間前に傾けておきます。

2)常に斜面の上に置いておきます。逆方向に傾斜させる場合に水が巣箱の前に入らないよう注意しなければなりません。

It is important to consider the location of your new beehive prior to installing your bees. You can’t move a beehive around your paddock, yard or rooftop easily. Bees have highly developed navigational skills which are extremely sensitive to location. If the hive is moved only a small distance, they become confused and will return to the original site. For advice on moving a bee hive once the bees are housed please consult a beekeeping book, the Flow Community Forum on honeyflow.com or your local beekeepers’ association.

There are three important things to consider when selecting a site for your new hive – your bees, your neighbours and yourself.

The location of your beehive will affect the overall strength of your colony. Choose a sheltered position. In cool climates look for a dry sunny position, in hot climates the hive will benefit from some shade, particularly in Summer. Face the hive entrance away from the prevailing winds. Ideally, face the entrance in a southerly direction if you’re in the northern hemisphere and northerly direction for the southern hemisphere.

Safety Considerations:

Other considerations:

  • Bees excrete waste to a distance of about 15 metres from the hive. This appears as little yellow/orange dots that can stain washing and soil cars with light coloured paint. Situate your hive to avoid these issues. It’s a good idea to place your hive so that the flight path is over a seldom-used area of your yard or roof anyway.
  • The hive should sit firmly, without any wobble on a stable base with clear access for when you are working with the colony. Placing the hive on a stand prevents rotting of base timbers and improves accessibility (options include bricks, concrete blocks, steel posts etc).
  • During harvest, Flow Frames should be tilted backwards so that the honey flows out to the honey collection tubes. The slope of the hive for optimal draining is 2.5 to 4.0 degrees sloping backwards (a tilt of about 15mm (1⁄2") over the length of the hive is enough).


    There are two options:

    1. Chock up the hive when it’s time to harvest. Bees can be agitated by tilting the hive, so wear a beekeeping suit and do this several hours before you harvest.
    2. Leave the hive on a permanent slope. If sloping the hive backwards it is important to ensure that water can’t enter the front of the hive. A sloped landing board can minimise this.

    All Posts
    ×

    Almost done…

    We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

    OK