Return to site

フローフレームは「BPA(ビスフェノールA)フリー」のプラスチックで作られていますか?

Are the Flow Frames made from BPA free plastic?

私たちフローはフローフレームが最上級の食品グレードの原料から製造されていることを保証するための努力を続けてきました。

フレームの端部、そしてハニーチューブとキャップは、食品グレードのバージン・コポリエステルで作られています。製造業者はそれがBPAを含まないことだけでなく、ビスフェノールSや他のどのビスフェノール化合物でも製造されていないことを保証しています。

また、第三者の研究機関による試験では、フレームの原料がエストロゲン活性やアンドロゲン活性を含まないことも実証されています。センターフレーム部品は、ビスフェノール化合物を一切含まず、一般的に食品や飲料への使用が安全だといわれ広く認められているバージン・食品用ポリプロピレンから作られています。

プラスチックは、巣箱の中で幼虫箱と巣房の両方に長年使用されてきましたが、ミツバチのコロニーに与える悪影響は見つかっていません。

フローフレームの巣板は部分的な巣房を形成しています。ミツバチたちはその間をつなぎ、巣を大きくし巣板を完成させてから、巣房全体を蝋で覆います。

We have worked hard to ensure that our Flow Frames are manufactured from the very best food grade materials.

The clear viewing ends of the frames, as well as the honey tube and caps, are made from a virgin food grade copolyester. The manufacturers have assured us that it's not only BPA-free, but it is not manufactured with bisphenol-S or any other bisphenol compounds.

The manufacturers also advise that third-party labs have tested this material and the results have demonstrated that it is free of estrogenic and androgenic activity. The centre frame parts are made from a virgin food grade polypropylene which is also free from any bisphenol compounds and is widely accepted as one of the safest plastics for food contact.

Plastics have been used for many years in beehives for both brood and honey combs and have not been found to have a negative impact on bee colonies.

The blades in our Flow Frames form partial honeycomb cells. The bees “complete” these cells by joining the gaps and drawing the comb out, then coat the entire cell with wax.

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly